海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

重症小児での末梢挿入中心静脈カテはVTE・血流感染リスク:多施設PICU調査
Rates of Venous Thromboembolism and Central Line-Associated Bloodstream Infections Among Types of Central Venous Access Devices in Critically Ill Children [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:September 2020
巻:48
開始ページ:1340
【背景】
末梢挿入中心静脈カテーテル(PICC)は、成人患者で静脈血栓塞栓症(VTE)やカテーテル関連血流感染症(CLABSI)との関連が報告されており、小児でも同様の単施設報告がある。Children’s Hospital of WisconsinのPatelらは、Virtual PICU Systems, LLCに参加した147施設で2010〜2015年に中心静脈アクセスを要したPICU患者において、中心静脈アクセスデバイスと合併症の関連を調査した(n=74,196)。
【結論】
PICCが4,493件、CVCが66,194件、解析に含まれた。VTE発生はPICCで0.93%、CVCで0.52%、CLABSIはPICCで0.73%、CVCで0.24%と、いずれもPICC群で増加した。多変量解析では、CVCがCLABSIの減少(オッズ比0.505)、CVCの減少(0.569)と関連した。
【評価】
先行の単施設報告(http://doi.org/10.1097/PCC.0000000000001707)を、大規模な調査で確認した。特別な事情がない限りはCVCが選択されるべきであろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site