海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

ICU退室後の有害事象を予測することは難しい
Adverse Events After Transition From ICU to Hospital Ward: A Multicenter Cohort Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:July 2020
巻:48
開始ページ:946
【背景】
重症疾患からの回復過程にある患者の、ICU退室と一般病棟への転棟時の安全性はどのようなものか。カナダUniversity of Calgary and Alberta Health ServicesのSauroらは、同国10施設の内科・外科成人ICUにおいてICU退室患者(n=451)のカルテレビューを行い、有害事象の発生率とこの有害事象を予測可能か調査した。
【結論】
84名(19%)が有害事象を経験し、このうち62%が転棟3日以内に発生した。ほとんどの有害事象(77%)は症状のみで障害・死亡などのより悪い転帰を伴わず、36%は予防可能であった。有害事象のあった患者では、ICU再入室リスクが高く、入院期間が長くなり、院内死亡リスクも上昇した。有害事象・ICU再入室・院内死亡に関するICU医と病棟医の予測精度は低かったが、ICU再入室についてはAUC 0.69・0.77と比較的高かった。
【評価】
永続的な障害や死亡は稀であったものの、ICU退室後患者の大半で何らかの症状を伴う有害事象があった。これら有害事象の予測は困難であったが、予防可能なものも多く、安全性改善に向けた重要な機会であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site