海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

COVID-19軽症患者の在宅パルスオキシメーターモニタリング
Novel Use of Home Pulse Oximetry Monitoring in COVID‐19 Patients Discharged From the Emergency Department Identifies Need for Hospitalization [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Academic Emergency Medicine
年月:June 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
多くの国ではCOVID-19患者の全員を入院させることは現実的ではなく、日本でも軽症患者では自宅や宿泊施設での管理が行われている。Swedish Hospital Part of NorthShore University HealthSystemのShahらは、重症でないCOVID-19患者に在宅モニタリングツールとしてパルスオキシメーターを配布し8時間おきにSpO2測定を求め、92%未満の値が連続または緊急を要する場合に再度救急を受診するよう指示した(n=77)。
【結論】
自宅での安静時SpO2が92%未満の患者は25%(19名)で、36%(28名)が救急を再受診し、29%(22名)がその後入院に至った。2名がICUで死亡した。自宅での安静時SpO2が92%未満の患者では入院リスクが高く(相対リスク7.0)、ICU入室リスク、ARDSリスク、敗血症性ショックのリスクとも関連した。入院に至ったSpO2低下患者の半分は、症状の悪化を伴わなかった。
【評価】
本研究のSpO2低下患者では、COVID-19で報告されてきた呼吸困難症状を伴わないが酸素飽和度が低下する「沈黙の低酸素」も半数程度あり、パルスオキシメーターによるモニタリングが一定の効果を上げていると考えられる。日本では、厚労省が宿泊療養にパルスオキシメーターを配備するよう求めている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site