海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

PICUでリハビリを受ける小児患者はどれぐらいか:アメリカ
Physical Rehabilitation in Critically Ill Children: A Multicenter Point Prevalence Study in the United States [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:May 2020
巻:48
開始ページ:634
【背景】
成人のみならず小児重症患者においても早期リハビリが有効とされているが、PICUにおけるリハビリの実施率は?Johns Hopkins University のKudchadkarらは、全米65病院、82のPICUにおいて2日間の点有病率調査を行い、理学療法・作業療法の実施率と実施への障壁を検証した。
【結論】
1,769人日のうち35%で理学療法・作業療法に基づくリハビリが実施されていた。年長(13〜17歳では3歳未満の2.1倍)、男児(女児では0.76倍)がリハビリに関連する因子であった。ベースラインの機能スコアが高い患児では、72時間以内のリハビリコンサルテーションが少なかった。1,769人日のうち完全に運動が行われなかったのは19%であった。4,700回の運動セッションで安全性に関わる可能性のあるイベントは4%のみで、その多くがバイタルの一時的な変化であった。挿管と尿カテはベッド外リハビリと負に関連し、3歳未満では家族の存在がベッド外リハビリと正に相関した。
【評価】
PICUにあってもリハビリが実施可能な疾患は多く、リハビリの有効性についてもエビデンスが蓄積されつつある。全米のPICUで行われたこの実態調査では、早期リハビリが安全であることが示された一方、早期からのコンサルテーションは必ずしも活発ではなかった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site