海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

敗血症性ショックでの蘇生輸液は制限的でよいか:パイロットRCT
The Restrictive IV Fluid Trial in Severe Sepsis and Septic Shock (RIFTS): A Randomized Pilot Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:July 2019
巻:47
開始ページ:951
【背景】
早期目標指向療法(EGDT)プロトコルの成功は、敗血症性ショックでの大量輸液アプローチを標準的なものとしたが、近年では過剰輸液の有害性が問題視されている。Alpert Medical School of Brown UniversityのCorlらは、救急からICUに入室した重症敗血症・敗血症性ショック患者を、72時間の制限的な輸液蘇生戦略(≦60 mL/kg)または通常ケアに割り付けるパイロットランダム化比較試験RIFTSを実施した(n=109)。
【結論】
72時間の静脈輸液は、制限戦略群で有意に少なかった(47.1 vs. 61.1 mL/kg)。30日死亡率は制限戦略群21.8%、通常ケア群22.2%であった(オッズ比1.02)。新規臓器不全発症、入院日数・ICU滞在日数、重篤有害事象に群間差はなかった。
【評価】
大量輸液戦略は過剰輸液につながることが問題視されてきたが、このRCTでは制限的な輸液でもアウトカムの悪化は見られなかった。敗血症性ショックの初期戦略として制限輸液/昇圧アプローチとリベラル輸液を比較するCLOVERS試験が進行中である(NCT03434028)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site