海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

重症患者へのビタミンC投与に意義はあるか?:系統的レビュー・メタ解析
The Effect of Vitamin C on Clinical Outcome in Critically Ill Patients: A Systematic Review With Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:June 2019
巻:47
開始ページ:774
【背景】
ビタミンCは抗炎症作用・免疫調節作用なども持つが、重症患者では濃度が低下する。スイスGeneva University HospitalsのPutzuらは、重症成人患者においてビタミンCを含むレジメンとプラセボまたは無治療を比較したランダム化比較試験のメタアナリシスを実施した。
【結論】
44件のRCTが含まれ、うち16件がICUセッティング(2,857名)、28件が心臓手術(3,598名)であった。ICU患者でのビタミンC投与は、死亡率(リスク比0.90、非有意)、急性腎障害、入院期間と関連しなかった。心臓手術患者でのビタミンCは、術後の心房細動(0.64)、ICU滞在期間(標準化平均差、−0.28日)、入院期間(−0.30日)の減少と関連した。
【評価】
ICUセッティングでアウトカムに差は見られず、外科系患者でも死亡率への効果は見られなかった。安価で無害な介入であるが、標準的には推奨されない。現在、敗血症性ショック患者でビタミンCを含むMarikプロトコル(http://doi.org/10.1016/j.chest.2016.11.036)を検証する試験が複数進行中である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site