海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

脳主幹動脈閉塞を予測するスケールをシステマティックレビュー
Accuracy of Prediction Instruments for Diagnosing Large Vessel Occlusion in Individuals With Suspected Stroke: A Systematic Review for the 2018 Guidelines for the Early Management of Patients With Acute Ischemic Stroke [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Stroke
年月:January 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
主幹動脈閉塞(LVO)に対する血管内治療の有効性は発症から治療までの時間に左右され、早期のLVO同定が重要となる。SmithらによるAmerican Heart Association Stroke Councilは、LVO予測ツールの正確性を評価するシステマティックレビューを実施した。
【結論】
36件の研究が同定された。このうち脳卒中疑い例を対象とした研究が12件、病院前EMSでの研究は4件のみであった。検証されたツールはNIHSS・CPSSS・RACE・LAMSなどであった。LVO予測能は、C統計量で概ね0.70から0.85の範囲であった。いずれのツールも高い感度と特異度を両立する閾値はなかった。
【評価】
AHAの急性虚血性脳卒中管理ガイドライン(https://doi.org/10.1161/STR.0000000000000158)のために行なわれた系統的レビューである。救急部門でのLVO予測ツールとしてはNIHSSが最適と考えられた一方、病院前設定で他を凌駕するスケールは存在せず、さらなる研究を要する。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site