海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

未就学小児のウイルス誘発喘鳴にステロイドで滞在時間短縮
Oral prednisolone in preschool children with virus-associated wheeze: a prospective, randomised, double-blind, placebo-controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Lancet Respiratory Medicine
年月:January 2018
巻:6
開始ページ:97
【背景】
ウイルス感染に関連する喘鳴エピソードは未就学小児で一般的だが、コルチコステロイドの有効性に関しては結論を見ていない。オーストラリアPrincess Margaret Hospital for ChildrenのFosterらは、小児救急部門を受診したウイルス関連喘鳴小児(2〜6歳)において、プレドニゾロンに対するプラセボの非劣性性を検証するRCTを実施した(n=624)。
【結論】
退院が可能になるまでの時間はプレドニゾロン群で370分、プラセボ群で540分と延長し、プラセボの非劣性は示されなかった。事後的な優越性解析では、プレドニゾロン群の滞在期間の幾何平均比は0.79であった。重篤有害事象は報告されなかった。
【評価】
2009年にNEJMで発表されたRCTではプレドニゾロンの効果は示されなかったが(http://doi.org/10.1056/NEJMoa0804897)、プラセボの非劣性を示すために行われた本試験では、反対にプレドニゾロンのベネフィットが示された。ベネフィットは特に、重症度の高い患者、家庭で気管支拡張薬を受けた患者、喘息既往を有する患者で明瞭であった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site