海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

敗血症患者への病院前からの抗菌薬投与は無益:PHANTASi試験
Prehospital antibiotics in the ambulance for sepsis: a multicentre, open label, randomised trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Lancet Respiratory Medicine
年月:January 2018
巻:6
開始ページ:40
【背景】
敗血症では早期の抗菌薬投与が重要であるが、病院前での投与に利益はあるか。オランダVrije UniversiteitのAlamらは、同国10地域の救急サービスでEMS従事者に敗血症認識のトレーニングを実施した後、敗血症への通常治療(酸素投与・輸液蘇生)に抗菌薬の早期投与(セフトリアキソン静注)を追加するランダム化試験PHANTASiを実施した(n=2,698)。
【結論】
救急部門到着の26分前(中央値)に抗菌薬投与を受け、通常治療群の患者は救急部門到着後70分で投与を受けた。28日死亡率は介入群8%・通常治療群8%であった。28日以内の再入院は介入群で少なかった(7% vs. 10%)。
【評価】
ガイドラインは1時間以内の抗菌薬開始を推奨しているが、死亡リスクに有意差を認めないとしたメタ解析もある(http://doi.org/10.1097/CCM.0000000000001142)。敗血症疑い例での早期抗菌薬投与を検証する初のRCTである本試験では、死亡率は低下せず、病院前からの投与は支持されなかった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site