海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

敗血症性ショックでの高張食塩水は無益、高酸素は有害:HYPERS2S試験
Hyperoxia and hypertonic saline in patients with septic shock (HYPERS2S): a two-by-two factorial, multicentre, randomised, clinical trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Lancet Respiratory Medicine
年月:March 2017
巻:5
開始ページ:180
【背景】
フランスUniversity Hospital of AngersのAsfarらによるHYPERS2S試験は、同国22施設のICUで人工呼吸を受ける敗血症性ショック患者に、FiO2=1.0(高酸素)または88〜95%のSaO2目標値(通常酸素)による人工呼吸と、3.0%の高張食塩水または0.9%の等張食塩水による輸液蘇生をそれぞれ割り付ける、2×2要因デザインRCTであった(n=442)。
【結論】
試験は、安全性の理由により早期中止された。28日死亡率は、高酸素群43%・通常酸素群35%(ハザード比1.27)、高張食塩水群42%・生理食塩水群37%(1.19)であった。高酸素群ではICU-AW(11% vs. 6%)・無気肺(12% vs. 6%)が倍増するなど、重篤有害事象が有意に増加した(85% vs. 76%)。
【評価】
酸素過剰投与の弊害は近年語られているところであり、この試験でも死亡率に有意差はなかったものの多くの有害事象が発生した。高張食塩水についても敗血症での有効性は示されていない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site