海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

急性虚血性脳卒中での低体温療法は実現可能か?
Results of the ICTuS 2 Trial (Intravascular Cooling in the Treatment of Stroke 2) [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Stroke
年月:December 2016
巻:47
開始ページ:2888
【背景】
低体温療法のベネフィットは低酸素性虚血性脳症新生児や心停止後患者で確立されているが、虚血性脳卒中ではどうか。Cedars-Sinai Medical CenterのLydenらは、rt-PA投与後の急性虚血性脳卒中患者を、冷却生食急速静注と血管内冷却カテーテルによる低体温療法または正常体温療法にランダムに割り付けるICTuS 2試験を行った。
【結論】
120名が登録された時点で試験は中止された。90日時点での修正Rankinスコア0/1の患者は、低体温群33%・対照群38%で、死亡率はそれぞれ15.9%・8.8%であった。
【評価】
ICTuS-L試験の示唆にもとづき(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20724711)
肺炎リスクを抑えるためのプロトコル改良を目指したが、神経学的予後・死亡率とも非有意ながら低体温療法群で悪化した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site