海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

STEMI-PCI後は24時間で退院し、遠隔医療フォローアップ
Early Hospital Discharge Following PCI for Patients With STEMI [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:December 2021
巻:78
開始ページ:2550
【背景】
PCI後の早期退院は患者QOL向上や医療資源の確保に有益である。イギリス Queen Mary University of LondonのJonesらは、2020/03〜2021/06に入院し、PCIを受けたMACE低リスクのSTEMI患者で、48時間未満に退院した600名を対象として、早期退院の安全性を検討する前向比較研究を行った(対照: 48時間以降の退院者 [n=700])。フォローアップは退院後48時間に循環器専門看護師による電話問診・心臓リハビリテーション指導、2週・6週・8週・3ヵ月後の循環器チームによるオンライン診療を行った。
【結論】
早期退院群の入院期間中央値は24.6時間(vs. 対照群: 56.1時間)であり、観察期間(中央値: 271日)における死亡は2名 (COVID-19感染による)、MACE率は1.2%(vs. 1.9%)であった。患者満足度は85%(vs. 73%)と有意に高かった (p<0.001)。
【評価】
病床数不足に脅かされたパンデミック下の英国から、STEMI-PCI後の早期退院ならびに遠隔医療の成功を報告した。米では48時間後退院が範例化しているが、「24時間でよい」とする方向を打ち出した。経験豊富な循環器チームと遠隔医療システムの存在を前提して成り立つ議論である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site