海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

要るのか要らないのか、EVTでのtPA「架橋」:MR CLEAN-NO IV
A Randomized Trial of Intravenous Alteplase before Endovascular Treatment for Stroke [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:November 2021
巻:385
開始ページ:1833
【背景】
脳主幹動脈閉塞患者への血管内血栓除去(EVT)で、tPA前投与をスキップできるかどうかは重要な問題である。オランダ University of AmsterdamのLeCouffeら(MR CLEAN-NO IV )は、急性前方循環主幹動脈閉塞で発症後4.5時間以内でtPA投与可能患者539名をEVT単独とtPA+EVTに割り付けるRCTを行って、この問題を検証した。一次エンドポイントは、発症90日目におけるmRSである。
【結論】
一次エンドポイントにおいて、EVT単独はtPA+EVTに対し優越性も非劣性も示さなかった(調整共通オッズ比:0.84)。90日間死亡率・症候性頭蓋内出血発生率でも群間有意差はなかった。
【評価】
初期メタアナリシスはtPAの有益性を示したが、差がないというメタアナリシスとEVT単独が非劣性という中国RCTが現れ、日本のSKIP-RCTでは非劣性は証明できなかった。NEJMEditorialは、特にEVTのための転院搬送が常態である環境下ではtPA「架橋」は未だ必要であろう、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site