海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

Bluetooth Low EnergyテクノロジーによるCIEDの遠隔モニタリングは有望
Performance of first pacemaker to use smart device app for remote monitoring [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Heart Rhythm O2
年月:August 2021
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
埋め込み型心デバイス(CIED)は遠隔モニタリング(RM)で管理されることが望ましい。Cleveland Clinic のKhaldoun のTarakji ら(BlueSync Field Evaluation)は、新世代ペースメーカ(PM)が利用するBluetoothLow Energy(BLE)テクノロジーによる直接通信RM手法の開発と検証を報告している。245名のPM装着患者からの情報をMyCareLinkHeartアプリにより患者のスマートデバイスを経て定期リモート送信し、3つの歴史的対照群(PM手動送信;PMワイヤレス; 除細動器ワイヤレス)と送信成功率を比較した。
【結論】
12ヵ月間で953回の定期送信が行われ、94.6%が通信に成功した。対照群の送信成功率は、PM手動送信で56.3%、PM無線送信で77.0%、除細動器無線通信で87.1%であった。アプリによる送信成功率は、年齢・性別・埋め込みデバイスの種類でマッチさせたどの従来法コホートに対しても優れていた。
【評価】
BlueSync<TM>テクノロジーの最初の実証試験で、従来法より遥かに高い送信成功率を示した。臨床効果をエンドポイントとした大規模試験が正当化される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site