海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

PCI後ACS患者へのチカグレロル推奨に疑問
Association of Ticagrelor vs Clopidogrel With Net Adverse Clinical Events in Patients With Acute Coronary Syndrome Undergoing Percutaneous Coronary Intervention [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:October 2020
巻:324
開始ページ:1640
【背景】
諸種のRCTに基づく現在のガイドラインでは、急性冠症候群(ACS)患者への第一選択P2Y12抗血小板薬はチカグレロルだが、リアルワールドではどうか。韓国Ajou UniversityのYouらは、米韓レジストリ登録患者データの傾向スコアマッチ後向解析を行った(n=31,290、2011〜2019年)。一次エンドポイントは、虚血性イベント(再発性心筋梗塞・TVR・虚血性脳卒中)と出血イベント(出血性脳卒中または胃腸出血)の複合(NACE)である。
【結論】
一次エンドポイントで、チカグレロルとクロピドグレルの間に有意差はなかった。他方、出血性イベント・呼吸困難はチカグレロル群が有意に多かった。
【評価】
ガイドラインを疑問視するリアルワールドデータで、著者らはガイドラインの再検討を主張している。最終結論が出るまでは、「最初の1ヶ月はチカグレロル(またはプラスグレル)、いつでもクロピドグレルへの転換を考える」というような折衷策がありえる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site