海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

DCBのDESに対する長期非劣性を確認:BASKET-SMALL2
Long-term efficacy and safety of drug-coated balloons versus drug-eluting stents for small coronary artery disease (BASKET-SMALL 2): 3-year follow-up of a randomised, non-inferiority trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:November 2020
巻:396
開始ページ:1504
【背景】
BASKET-SMALL2は、PCI施行患者の1年間MACEに関し、薬剤コーティングバルーン(DCB)の薬剤溶出ステント(DES)に対する非劣性を報告した。同試験のスイスUniversity of BaselのJegerらは、参照血管径<3mmの小冠動脈に新規病変を生じたPCI予定患者758名を対象とした同試験の長期成績報告を行った(追跡期間3年)。
【結論】
MACE率はDCB・DES両群とも15%であり、心臓死(5% vs. 4%)・非致死性MI(両群とも6%)・TVR(両群とも9%)であった。全死因死亡率も同様であった(8%)。Probable/definiteステント血栓症(1% vs. 2%)・大出血(2% vs. 4%)は、DCBで少ない傾向にあった。
【評価】
獲得径が少ない小径病変でもDCBの長期非劣性が示され、長期合併症やDAPT期間の点からもその利点は大きい。DCB拡張不良例(DES留置)ではMACEリスクが高く、適応症例の検討が必要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site