海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

STEMI患者への自己細胞治療は「あまり有望でない」?:BAMI
The effect of intracoronary infusion of bone marrow-derived mononuclear cells on all-cause mortality in acute myocardial infarction: the BAMI trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:October 2020
巻:41
開始ページ:3702
【背景】
急性心筋梗塞(AMI)・心不全に対する細胞治療の試みは歴史が長く、進展が遅い。イギリスQueen Mary University of LondonのMathurら(BAMI)は、PCI施行STEMI患者(LVEF≦45%)375名を対象に、骨髄由来単核球(BM-MNCs)冠動脈内注入の有効性を検証する第3相RCTを行った(対照:標準治療)。一次エンドポイントはランダム化から全死因死亡までの時間である。
【結論】
参加者不足・イベント低発生率により統計比較解析に至らなかった。2年全死因死亡率はBM-MNCs群3.26%、対照群3.82%であった。2年間フォローアップ期間内の心不全入院は、BM-MNCs群5例、対照群15例であった。
【評価】
STEMI患者の自己骨髄細胞治療の重要な先行試験としてはREPAIR-AMIがあり、204名対象のRCTで有望性を示唆していた(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16990384/)。「心筋幹細胞」事件(https://silex-transl.com/mir/anversa-cardiac-stem-cell/)のため結論が遅れていたが、ここでの大規模検証の結果は、「あまり有望でない」という結論に導くものであろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site