海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

HFpEFへのGC刺激薬praliciguat第2相で失敗:CAPACITYHFpEF
Effect of Praliciguat on Peak Rate of Oxygen Consumption in Patients With Heart Failure With Preserved Ejection Fraction: The CAPACITY HFpEF Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:October 2020
巻:324
開始ページ:1522
【背景】
HFpEF治療薬の開発は困難である。Tufts Medical CenterのUdelsonら(CAPACITY HFpEF)は、同患者196名を対象として、新規経口可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激薬praliciguatの効果・安全性を検証する第2相RCTを行った(対照:プラセボ)。一次有効性エンドポイントは、8週後におけるpVO2のベースラインからの変化である。
【結論】
Praliciguatの一次エンドポイント効果を認めなかった。事前指定二次エンドポイントでも有効性はなかった。有害事象に群間差はなかった。
【評価】
JAMAは他のGC刺激薬vericiguatに関するVITALITY-HFpEFの失敗結果も掲載している(https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2771900)。HFpEF薬の試験ではエンドポイントさえ一致しておらず、最適治療薬の同定は未だ遠い。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site