海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

DES-PCI後はプラスグレルベースDAPTで、1ヶ月後から減量:韓国大規模非劣性試験
Prasugrel-based de-escalation of dual antiplatelet therapy after percutaneous coronary intervention in patients with acute coronary syndrome (HOST-REDUCE-POLYTECH-ACS): an open-label, multicentre, non-inferiority randomised trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:August 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
ACS(急性冠症候群)へのDES-PCI後のDAPTに対し、様々なde-escalation法が提案されている。韓国Seoul National UniversityのParkら(HOST-REDUCE-POLYTECH-ACS)は、PCI後患者2,338名を対象として、1ヶ月後にプラスグレルを10mgから5mgに減量する手法の非劣性を検証する多施設RCTを行った(対照:プラスグレル10mg+アスピリン100mg)。一次エンドポイントは純有害臨床イベント(全死因死亡・非致死性MI・ステント血栓症・血行再建術再施行・脳卒中・BARC≧2)である。
【結論】
プラスグレル減量手法の一次エンドポイント非劣性を認めた(7.2% vs. 10.1%)。虚血リスクは増加せず、出血リスクは有意に低減した(HR:0.48)。
【評価】
De-escalationでは薬剤スイッチの提案もあるが、プラスグレルの半減は明快な手法である。東アジア人対象試験であり、日本での実践の参考になる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site