海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

脳主幹動脈閉塞に対する血管内治療は16時間以上後でも有益であり得る
Endovascular Treatment After Stroke Due to Large Vessel Occlusion for Patients Presenting Very Late From Time Last Known Well [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Neurology
年月:August 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
現在、脳主幹動脈閉塞に対する血管内治療(EVT)のゴールデンタイムは発症後6時間だが、ウィンドウ拡張はできないのか。韓国Seoul National UniversityのKimらは、同センター治療患者6,408名中最終健常確認後16時間以上経って着院した前方循環主幹動脈閉塞患者150名のデータを検討した。一次アウトカムは、ベースライン虚血コア・側副循環ステータス・CT(MRI)潅流パラメーターである。
【結論】
150名中、過去のRCTのEVT適応画像基準に合致したのはDAWN基準33%、DEFUSE 3基準39%、ESCAPE基準38%であった。実際に施行されたEVTは24例で、その最終健常確認-着院時間中央値は26.3時間であった。EVT群は内科治療対照群に比して90日後の機能予後良好(mRS:0〜2)で有意に優れ(aOR:11.08)、mRSシフトの改善と相関した。2型脳実質内出血頻度はEVT群が高かった(13% vs. 3%)。
【評価】
アジア人で16時間以上経過していてもEVT有益症例がかなり存在することが示された。米で先行したPittsburg研究では、24.1〜155.7時間の患者21名がDAWN試験条件を満たしてEVTが実施されており、有益結果が得られている(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29807887/4)。定量画像解析に基づき、EVTの有効性を検証する本格RCTが正当化される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site