海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

急性重症肺塞栓では手術・ECMOを考慮
Survival and Right Ventricular Function After Surgical Management of Acute Pulmonary Embolism [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:August 2020
巻:76
開始ページ:903
【背景】
急性肺塞栓症(PE)治療における外科アプローチの位置づけは。New York Medical CollegeのGoldbergらは、同病院が2005〜2019年に136名の患者に対して行った外科的塞栓摘出術(SE)・ECMO治療の経験を総括している。広範型PE(MPE)とハイリスク亜広範型PE(SMPE)で、右室(RV)回復(中心静脈圧・肺動脈収縮期血圧・右室/左室比・RVFAC変化の改善)を比較した。
【結論】
MPE患者では失神が多く、血栓溶解失敗率が高かった(18.2% vs. 4.3%)。MPE患者の43.2%はCPRが行われた。SMPEのほとんどの患者がSEで治療された一方、ECMOはMPE患者の方でより多く使用された。RV機能改善が広く認められた。中心静脈圧(23.4から10.5 mmHg)、肺動脈収縮期圧(60.6から33.8 mmHg)、右室/左室比(1.19から0.87)、RVFAC変化(26.8から41.0)。死亡率は4.4%、CPR施行が死亡の最大のリスク因子だった。
【評価】
PEの管理は集学(PERTs)化される傾向にある。この研究は、特に重症患者に対しては手術・ECMOが有効・安全なオプションでありうることを示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site