海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ARNIは「やはり」HFpEFに有用?:PARAGON-HF結果を二次解析
Effect of Sacubitril/Valsartan on Biomarkers of Extracellular Matrix Regulation in Patients With HFpEF [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:August 2020
巻:76
開始ページ:503
【背景】
PARAGON-HFは、HFpEFに対するARNI(アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬)の一次エンドポイント効果を否定した。同試験のSolomonら(Brigham and Women’s Hospital)は、同薬の細胞外マトリックス(ECM)関連バイオマーカーへの影響を検討した二次解析結果を発表している(n=1,135)。測定マーカーはN-terminal propeptide of collagen I/III(PINP/PIIINP)、tissue inhibitor of matrix metalloproteinase 1(TIMP-1)、carboxyl-terminal telopeptide of collagen type I(CITPs)、soluble ST2(sST2)である。一次エンドポイントは心不全入院・心血管死である(対照:バルサルタン)。
【結論】
全バイオマーカーはベースラインで高値であったが、介入群で16週時にTIMP-1が8%、sST2が4%、PIIINPは3%減少し、CITPは4%増加した。TIMP-1とsST2のベースライン/16週時の高値は、一次エンドポイントと関連した。
【評価】
PARAGON-HFはp=0.06で非有意という結果だったが、抗間質線維化作用と予後改善の関連を発掘した。有用部分集団が存在する、という仮説下での新規試験を正当化する。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site