海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

Fontan手術後の主要長期予後決定因子は主心室形態とAVVR
Relationship of Ventricular Morphology and Atrioventricular Valve Function to Long-Term Outcomes Following Fontan Procedures [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:July 2020
巻:76
開始ページ:419
【背景】
心室形態とFontan手術後の長期予後の関連は論争的である。University of MichiganのSiらは、Fontan手術を施行した患者1,162名を対象に術後の心移植/Fontan takedown回避生存率、心室・房室弁機能を解析した。
【結論】
10年・20年・25年の心移植/Fontan takedown回避生存率は、各91%・75%・71%であった。形態的右心室は58%にみられ、心移植/Fontan takedown回避生存の独立リスク因子であった(HR:2.4)。右房室弁逆流(AVVR)は心室不全の進展と関連した(OR:4.3)。AVVRと心室不全は、特に右心室において経時的に進展した(AVVR:p<0.0001、心室不全:p<0.0001)。
【評価】
同手術に関する主要論争点に大規模解析によって一定の結論を与えた。筆者らは、AVVRへの早期介入が心室機能低下や長期予後を改善する可能性があるとしているが、特にAVVRが中等度の患者への介入の方法決定は難題である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site