海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

冠微小循環障害の機能性・構造性2類型を提唱
Physiological Stratification of Patients With Angina Due to Coronary Microvascular Dysfunction [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:May 2020
巻:75
開始ページ:2538
【背景】
冠微小循環障害(CMD)には機能性と構造性の2類型があることが明らかになりつつある。イギリスKings CollegeのRahmanらは、86名の狭心症患者を対象として、この分類の確定を報告している。
【結論】
患者を冠血流予備量(CFR)2閾値2.5で対照群とCMD群(n=46)に分け、後者を更に充血時微小血管抵抗2.5 mmHg/cm/sで機能性(n=28)・構造性(n=18)群に下位分類した。機能性群は、安静時冠血流量(CBF)・NOS活性が高かった。構造性群は、アセチルコリンFBF増幅が低く、また負荷時では酸素需要が全群中最も高くCBFピークが最も低かった。
【評価】
著者らは、機能性CMDでは心筋‐冠動脈カップリング不全が酸素需要増をまねく一方、構造性CMDでは全身性内皮細胞障害による心筋過活動を介して血流供給が相対的不足となる、という機構を提唱している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site