海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

左室内血栓の2/3は抗凝固療法で完全に消失する
Antithrombotic Therapy for Patients With Left Ventricular Mural Thrombus [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:April 2020
巻:75
開始ページ:1676
【背景】
左心室内血栓(LVT)に対する抗凝固療法は有効か。フランスUniversitaire Pitie-SalpetriereのMontalescotらは、心エコーにてLVTを認めた患者159名を対象に後向解析を行い、臨床アウトカム(MACE・塞栓症・全死因死亡・出血事象)を評価した。
【結論】
76.1%にLVT減少が見られ、完全LVT退縮は62.3%に見られた(中央値103日以内)。LVT退縮の独立予測因子は、非虚血性心筋症(HR:2.74)・ベースライン血栓領域低値(HR:0.66)であった。MACE発生率に完全LVT退縮患者と持続性LVT患者で有意差は見られなかったが、死亡リスクは完全LVT退縮患者で低く(HR:0.48)、持続性LVT患者で出血リスクは高かった(HR:0.34)。LVEF≧35%(HR:0.46)・抗凝固療法>3ヶ月(HR:0.42)は、独立にMACE発生低リスクを予測した。
【評価】
LVTへの抗凝固療法の報告は少ないが、本解析によって大部分が血栓退縮可能と示された。DOACsを含めた評価は初めてである。この研究では抗凝固薬別解析は意図されなかったが、DOACsを中心としたRCTが進行中であり結果が期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site