海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

重症ANCA関連血管炎に対する血漿交換の有益性を否定
Plasma Exchange and Glucocorticoids in Severe ANCA-Associated Vasculitis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:February 2020
巻:382
開始ページ:622
【背景】
抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎には決め手がなく、ガイドラインは一応、血漿交換を選好している。カナダMcMaster UniversityのWalshら(PEXIVAS)は、重度ANCA関連血管炎患者704名を対象として、血漿交換と経口グルココルチコイドの有効性・安全性を検証する2×2要因デザインRCTを行った。一次複合アウトカムは、全死因死亡または末期腎臓病(ESKD)である。
【結論】
最長7年のフォローアップで、血漿交換実行の不実行に対する一次アウトカム有効性を認めず、他方グルココルチコイド減量レジメンは、一次アウトカムに関し標準治療に非劣性であった。
【評価】
一般的な選好を否定する高インパクトの結果である。NEJM Editorialは、試験の部分集団データに基づき、少なくともANCA因肺出血には血漿交換を支持するとしている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site