海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

虚血性心筋症・ICD患者へのVT予防アブレーションは無益
Preventive or Deferred Ablation of Ventricular Tachycardia in Patients with Ischemic Cardiomyopathy and Implantable Defibrillator (BERLIN VT): A Multicenter Randomized Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Circulation
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
虚血性心筋症患者に対する、ICD植え込み前の心室頻拍(VT)予防カテーテルアブレーションは有益か。ドイツUniversity Heart Center, HamburgのWillemsら(BERLIN VT)は、これを検証するRCTを行った(n=159)。 患者は予防的アブレーション群と植え込み後臨機的アブレーション群に割り付けた。一次アウトカムは、症候性心室性不整脈・心不全悪化・全原因死亡・緊急入院の複合である。
【結論】
試験は中途終結された。VT予防アブレーションに有益性は認められなかった。
【評価】
SMASH-VT(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18160685)等で長く示唆されてきた手法に関する確認検証だったが、失敗した。同手法による置換を支持していない現在のガイドラインは維持される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site