海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

NSTEACSではCAGを冠動脈CTAで置き換えてよい?
Coronary CT Angiography in Patients With Non-ST-Segment Elevation Acute Coronary Syndrome [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:February 2020
巻:75
開始ページ:453
【背景】
冠動脈CTアンギオグラフィー(CTA)は、非ST上昇型急性冠症候群(NSTEACS)患者の冠狭窄診断でCAGを置き換えられるか。デンマークUniversity of CopenhagenのKofoedらは、VERDICT試験に参加した同疾患患者1023名のデータを解析した。一次エンドポイントは、CTAのCAG上「冠動脈狭窄50%以上」の陰性的中率(NPV)である。
【結論】
CTAのNPVは90.9%であった。 PPV・感度・特異度は、各87.9%・96.5%・72.4%であった。
【評価】
NSTEACS患者ではCAGを冠CTAで置き換えてよい、という重要な帰結をもつ結果である。JACC Editorialは、大量症例を分析対象からの除外している等の問題点を指摘しながらも、「RCTに値する」としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site