海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

PCIでのモルヒネとクロピドグレルの併用は有害
Morphine and Cardiovascular Outcomes Among Patients With Non-ST-Segment Elevation Acute Coronary Syndromes Undergoing Coronary Angiography [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:January 2020
巻:75
開始ページ:289
【背景】
前臨床研究ではモルヒネがADP受容体ブロッカーの効果を弱めることが知られるが、実臨床では。Brigham and Women’s HospitalのGiuglianoらは、EARLY ACS研究(n=5,438)の二次解析によりモルヒネとクロピドグレル併用の有害相互作用の可能性を検討した(対照:クロピドグレル非投与患者、n=3,462)。エンドポイントは、96時間時点(早期)での全死亡・心筋梗塞・虚血再発・血栓因ベイルアウト、および30日時点での全死亡・心筋梗塞である。
【結論】
クロピドグレル治療群でモルヒネによる早期エンドポイント高率発生を認めた(aOR:1.40)。30日時点でのエンドポイント率も高く(aOR:1.29)、最初の48時間に生じるイベントが引き金となって起こるとみられた。対照群ではこのような現象はなかった。
【評価】
日欧と違い、アメリカではPCIでの鎮痛・鎮静に モルヒネは汎用されている。見直しは必至である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site