海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

CMRは非虚血性心不全の原因特定でUCGを上回らない
OUTSMART HF: A Randomized Controlled Trial of Routine Versus Selective Cardiac Magnetic Resonance for Patients with Non-Ischemic Heart Failure (IMAGE-HF 1B) [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Circulation
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
CMRは有用な画像検査だが、非虚血性心不全の原因特定で経胸壁心エコーを上回るメリットはあるのか。カナダUniversity of AlbertaのPatersonら(IMAGE-HF 1B)は、500名の同患者を対象としてこれを検証するRCTを行った。患者をランダムにルーチンCMR群または選択的CMR群に割り付け、選択的CMR群患者は心エコーに加え必要時のみCMRを受けた。心不全の原因を画像検査と主治医によって3か月時点で特定し、12か月間臨床的イベントを記録した。
【結論】
3か月時点で心不全の原因を特定できた患者比に群間差はなかった(44% vs. 50%)。画像診断により心不全の原因を特定できた患者はそうでない患者よりも臨床的イベントが多く生じた。
【評価】
IMAGE-HFはカナダを中心とする心臓画像診断再検討のための多施設研究である(http://www.image-hf.ca/projects.htm)。非虚血性心不全の原因特定でUCG以上ではない、という結果は有用である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site