海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

高Lp(a)血症へのアンチセンス薬APO(a)-LRxは有望
Lipoprotein(a) Reduction in Persons with Cardiovascular Disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
AKCEAのAPO(a)-LRxは、Lp(a)標的化アンチセンス薬 である。University of CaliforniaのTsimikasらは、CVD患者286名(Lp(a)≧60mg/dL)を対象として同薬のLp(a)低下作用を検証する第2相RCTを行った(対照:placebo)。一次エンドポイントは、ベースラインから投与後6か月時のLp(a)の変化率である。
【結論】
介入群で用量依存性にLp(a)の低減がみられた(20mg/4週:35%、60mg/4週:72% vs. placebo:6%)。血小板数・肝/腎指標・インフルエンザ様症状に群間差はみられなかった。
【評価】
先行報告(https://doi.org/10.1016/S0140-6736(16)31009-1)を拡張する第2相結果である。現在第3相が進行中だが、Lp(a)測定法の標準化や他薬管理下でのLp(a)の位置付けも評価が必要となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site