海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

断酒でAFリスクを断つ?
Alcohol Abstinence in Drinkers with Atrial Fibrillation [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:January 2020
巻:382
開始ページ:20
【背景】
飲酒は心房細動(AF)のリスク因子である。オーストラリアAlfred HospitalのKistlerらは、140名の患者を対象として断酒のAF二次予防効果を検証するRCTを行った。基準飲酒量週10ドリンク以上で発作性/持続性AFを有し、ベースラインで洞調律であった成人患者を断酒群と飲酒継続群に割り付けた。一次エンドポイントは、追跡期間6ヵ月でのAF無再発期間およびAF総負荷の複合である。
【結論】
断酒のAF予防効果を認めた。AF再発のHRは断酒群が0.55、AF総負荷は0.5%(断酒群)vs. 1.2%(飲酒群)であった。
【評価】
観察エビデンスに基づきアルコールは少量でもAFリスクであるとされているが(http://www.onlinejacc.org/content/68/23/2567.abstract)、断酒の効果をRCTにより確認したのは初めてであろう。この試験は12ヵ月追跡の予定だったが、断酒を維持できた人が少なく、6ヵ月追跡結果が報告された。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site