海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

CAR-T療法の心血管リスクはリアル
Cardiovascular Events Among Adults Treated With Chimeric Antigen Receptor T-Cells (CAR-T) [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:December 2019
巻:74
開始ページ:3099
【背景】
CAR-T療法にはCRS(サイトカイン放出症候群)をはじめとして様々な有害事象が報告されているが、心毒性は。Harvard Medical SchoolのNeilanらは137名の同治療患者のデータを報告している。患者平均年齢は62歳、67%が男性、88%がリンパ腫、8%が骨髄腫だった。心毒性はLVEF低下または血清トロポニン上昇で評価した。心血管イベントの定義は、全不整脈・心不全悪化・心血管疾患因死亡である。
【結論】
CRSが中央値5日で59%に生じ、39%がグレード2以上であった。トシリズマブがCRS発生患者の41%に投与された。トロポニン上昇は54%に、LVEF低下は28%に生じた。これらはすべてCRSグレード2以上の患者であった。心血管イベントは12%の患者で生じ、心血管疾患因死は6名だった。これらイベント発生もCRSグレード2以上の患者に限られた。CRS発症からトシリズマブ投与までの期間の短さは、心血管イベント発症率の低さと関連していた。
【評価】
CAR-T療法の未来に関わる重要問題に関する初の本格的報告であり、相当な心リスクが、おそらくCRSの一環として存在することを示した。同主題の前向コホート研究が進行している(https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04026737)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site