海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

Lp(a)は心血管系のどんなリスクファクターなのか
Lipoprotein(a) Concentration and Risks of Cardiovascular Disease and Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:December 2019
巻:74
開始ページ:2982
【背景】
Lp(a)は心血管疾患のリスクファクターとされているが未だ広く測定されておらず、また Lp(a)の低値がT2Dと関連する、という示唆もある。アイスランドUniversity of IcelandのStefanssonらは、同国143,087名(遺伝子情報確認)を対象とするケース・コントロール研究により、Lp(a)と心疾患リスクとの関連を遺伝子的に評価し、またLp(a)とT2Dの関連を検討した(n=17,715[冠動脈疾患]、n=8,734[T2D])。
【結論】
Lp(a)は、モル濃度に関し用量依存的に冠動脈疾患・末梢動脈疾患・大動脈弁狭窄症・心不全・寿命と関連していた。この関連にはLp(a)のモル濃度のみが関与し、apo(a)のサイズは関与していなかった。LPA遺伝子のホモ機能喪失性変異では、Lp(a)が極低値となりT2Dリスクが上がった。Lp(a)高分位20%では、Lp(a)の薬物治療による低減でT2Dのリスク増なしで冠動脈疾患リスクを低減すると予測される。
【評価】
Lp(a)はサイズでなく濃度が問題である、という主流見解を補強し、またLp(a)標的化治療がT2Dを誘発するすることは稀であろうことを示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site