海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ジゴキシン有害性問題は方法論問題に拡大
Digoxin-mortality: randomized vs. observational comparison in the DIG trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:October 2019
巻:40
開始ページ:3336
【背景】
強心配糖体の心血管有害性の問題には未だ混乱がある。ドイツHannover Medical SchoolのDavilaらは、心不全患者に対するジゴキシン有益性に関する唯一の大規模RCTであったDIG試験(結論は「中立的」)の結果をさらに二次解析した。同試験参加者6,800名中44%はランダム化前からジゴキシンを服用しており、その半数がジゴキシン治療から脱落していた。同試験主要結果と非ランダム化群での観察結果を比較した。
【結論】
死亡(HR:1.22)・心不全入院(HR:1.47)は、二次解析でもランダム化前にジゴキシン治療を行っていた患者に多かった。そして、これらのリスクはプラセボに移行しても高かった(HR:1.24)。
【評価】
2015年の代表的メタアナリシスが「嫌疑は十分」としているものだが(https://academic.oup.com/eurheartj/article/36/28/1831/2398087)、「処方バイアス」とする見解もある。この二次解析は、RCTでも参加者中の観察群部分でジゴキシンの有害性バイアスが出たとして、結論はRCTに依拠すべき(「中立」結論の維持)、と主張するものである。ジゴキシン問題は、結論の問題であるとともに方法論の問題にも拡大した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site