海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

AF合併安定CAD患者にはNOAC単独:AFIRE
Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:September 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
心房細動(AF)を合併した安定冠動脈疾患(CAD)患者に対しては、多剤抗血栓療法をリバロキサバン単独に置き換えられないか。日本National Cerebral and Cardiovascular Center(国立循環器病研究センター)のYasudaら(AFIRE)は、この仮説を検証するRCTを行った(対照:リバロキサバン+抗血小板薬、n=2,236)。対象は、PCI/CABG後1年以上経過した(80%以上)、またはCAGで冠動脈疾患が確認されたAF患者であり、一次有効性エンドポイントは、脳卒中・全身性塞栓症・心筋梗塞・要PCI不安定狭心症・全原因死亡の複合、一次安全性エンドポイントは重大出血である。
【結論】
リバロキサバン単独の、2剤併用に対する一次有効性エンドポイント非劣性を認めた。一次安全性エンドポイントではリバロキサバン単独が併用より優った(HR:0.59)。
【評価】
安定CADのAF患者に限定したNOAC単剤療法の本格試験としては初めてである。日本では同発想で主にVKA単独での置換可能性を検証するOAC-ALONEが企画されたが、結論に達しなかった。欧米のガイドラインはこのような患者ではPCI後12ヶ月はAPTを停止することを薦めているが、今回の日本結果が「1年以上でもAPTは不要」というガイドライン変更力をもつかどうかは興味深い。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site