海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

エボロクマブのFOURIER試験、二次解析でも有効
Effect of the PCSK9 Inhibitor Evolocumab on Total Cardiovascular Events in Patients With Cardiovascular Disease: A Prespecified Analysis From the FOURIER Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:May 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
FOURIERは、PCSK9阻害薬エボロクマブの心血管因死亡リスク低減効果を示すランドマーク研究だった。同試験のMurphy(Brigham and Women’s Hospital)らは、前指定二次解析により、総心血管イベントに対する同薬の効果を評価した(n=27,564)。一次エンドポイント(PEP)は、最初の心血管疾患因死亡、心筋梗塞・脳卒中・不安定狭心症による入院、PCIまでの期間である。
【結論】
中央値2.2年間の追跡で、スタチンへのエボロクマブ追加のPEP効果を認めた(HR:0.85)。総イベント数も有意に低減した(RR:0.82)。
【評価】
結論では、対照と比較して総計2倍ものイベントが防止できた、として費用効果の高さを強調している。同系薬は2018年のODYSSEY OUTCOMESでもポジティブ評価を得ており(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1801174)、費用効果が汎用への最後の関門となっている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site