海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ACS後患者をhsCRPでフォロー
Association of Initial and Serial C-Reactive Protein Levels With Adverse Cardiovascular Events and Death After Acute Coronary Syndrome: A Secondary Analysis of the VISTA-16 Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:March 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
hsCRPは全身炎症性指標として、急性冠症候群(ACS)後の心血管有害事象と関連する。Cleveland ClinicのPreethi Maniら(VISTA-16)は、同試験データ(n=4,257)の二次解析により、ACS後患者のhsCRP測定による長期追跡の意義を検討した。一次アウトカム・指標は、MACE・心血管因死亡・全原因死亡である。
【結論】
ベースラインおよび追跡期間(〜16w)中のhsCRPレベルはMACEと関連し(HR各:1.36・1.15)、心血管因死亡(HR: [ベースライン]1.61・[長期]1.26)・全原因死亡(各1.58・1.25)とも関連した。
【評価】
VISTA-16はACS後患者へのvarespladibの効果をみたRCTだったが無益のため早期終結した。この二次解析はACS後の炎症性指標の悪性予後予測価値を確認したもので、たとえLDL-Cが低くてもhsCRPが高ければスタチン等他の抗炎症薬の使用が有益であることを示唆するものとなった。治療方針決定へのポテンシャルは大きい。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site