海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

運動のベネフィットは無症候性CACのリスクを上回る
Association of All-Cause and Cardiovascular Mortality With High Levels of Physical Activity and Concurrent Coronary Artery Calcification [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:January 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
アスリートに冠動脈プラークが多い、あるいは無症候性冠動脈石灰化(CAC)保有者の運動は高リスクである等の推測があるが、エビデンスはどうか。Texas Health Presbyterian HospitalのLevineらは、Cooper Center Longitudinal Study参加健常中年男性21,758名の長期追跡データを解析した。一次アウトカム・指標は、全原因・心血管因死亡である。
【結論】
3000 MET-min/wk以上の身体活動にCACリスク増を認めた。他方、100AU未満のCAC保有者では、3000 MET-min/wk以上の身体活動による全原因死亡リスク減を認めた(HR:0.52)。また、CAC >100AUで3000 MET-min/wk以上の場合に一次アウトカムリスクが上がることはなかった。
【評価】
運動しすぎると動脈硬化が進行しやすい、またCACの高い人は激しい運動をしない方がよい、という近年しばしばみられる議論を退け、「運動のベネフィットは無症候性CACのリスクを上回る」という単純な結論を提示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site