海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

介入カージオロジストは臨床試験エビデンスに忠実?
Association of Physician Variation in Use of Manual Aspiration Thrombectomy With Outcomes Following Primary Percutaneous Coronary Intervention for ST-Elevation Myocardial Infarction: The National Cardiovascular Data Registry CathPCI Registry [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:January 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
米国のガイドラインは、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)に対する一次PCI(pPCI)でのルーチンの手動血栓吸引(AT)を支持していないが、実行し続けている施設が存在する。Beth Israel Deaconess Medical CenterのSecemskyらは、NCDR CathPCI レジストリ登録683,584名の患者データを解析した。一次アウトカムは、院内脳卒中・死亡である。
【結論】
pPCIにおけるATの利用は2009年から2011年にかけて増加し、ピーク使用率は13.8%であったが、2016年半ばまでに4.7%に低下した。全体としてAT利用率は10.8%であった。操作変数解析では、ATの使用は院内死亡に関連がなく、院内脳卒中のわずかな増加と非有意に関連していた。
【評価】
2013〜14年にTASTE ・TOTAL両試験が無益を宣言しており、この調査は介入カージオロジストがその結果に反応したことを示している。ただし、高頻度に使用する術者群では、頻度中央値は30%を超えている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site