海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

OHCAの再発
Recurrent out-of-hospital cardiac arrest [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Resuscitation
年月:December 2017
巻:121
開始ページ:158
【背景】
院外心停止(OHCA)の生存者はどれくらいOHCAが再発し、どの程度致命的か。オーストラリアAmbulance VictoriaのNehmeらは、同州大規模レジストリデータに基づき、OHCA生存者におけるOHCA再発の実態を調査した(n=3,581)。
【結論】
6.0%の生存者で、中央値5年間以内にOHCAが再発していた。再発年齢中央値は69歳で、男性が72.9%、イベントの92.0%は致死的であった。追跡期間中の全死亡の1/4以上がOHCA再発によるものだった。1年・5年・10年・15年OHCA再発率は、各2.4%・6.0%・8.4%・11.2%であった。再発のベースライン予測因子は、呼吸器系疾患(HR:1.88)・過量/中毒性病因(HR:2.47)・糖尿病(HR:1.92)・心不全(HR:2.22)・腎不全(HR:2.43)であった。リスクは研究期間中には低下しなかった。
【評価】
重要なテーマであるはずだが、初めての調査報告と見られる。男性での多さや致命性の高さは衝撃的で、救急部から外来フォローへの移行が課題となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site