海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

極小冠動脈病変用新規ステントは有望
First Report of the Resolute Onyx 2.0 mm Zotarolimus-Eluting Stent for the Treatment of Coronary Lesions with Very Small Reference Vessel Diameter [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JACC Cardiovascular Interventions
年月:May 2017
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
新開発2.0mmのZotarolimus DES(RESOLUTE ONYX 2.0 mm ZES)の最初の臨床試験結果が公表された。Scripps ClinicのPriceらによる、101名の患者を対象とし、12ヶ月以内TLFを一次エンドポイントとした検証である。
【結論】
平均病変長は12.6mm、平均RVDは1.91mmであった。12ヶ月で、TLF 5%・TVR 2.0%・TVMI 3.0%であった。ステント血栓症の報告はなかった。ステント内晩期内腔損失径(LLL)は0.26mm、バイナリ再狭窄率は12.0%であった。
【評価】
有望な新開発である。細い所に細いステントを入れるというだけではあまり意味がなく、心筋灌流の改善データが要望されるが、部分解析中である、という。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site