海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ビッグデータで安定狭心症患者への退院時βブロッカー処方の必要性を検討
Predictors, Trends, and Outcomes (Among Older Patients ≧65 Years of Age) Associated With Beta-Blocker Use in Patients With Stable Angina Undergoing Elective Percutaneous Coronary Intervention [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JACC Cardiovascular Interventions
年月:August 2016
巻:9
開始ページ:1639
【背景】
PCI後の安定狭心症患者にβブロッカーを処方することには意味があるか。Columbia UniversityのMotivalaらは、NCDR CathPCI レジストリ登録65歳以上患者の後向研究により、待機的PCI後の、MI・収縮期HF・LVEF<40%のない、安定狭心症患者への退院時βブロッカー処方とそのアウトカムを検討した(n=755,215)。
【結論】
このコホートにおいては、2005-2013年に退院時βブロッカー処方は増加傾向にあった。退院時βブロッカー処方は、3年フォローアップ後の死亡・MI・脳卒中・TVRと有意に関連しなかったが、HFによる再入院の増加と関連した(aHR:1.18)。
【評価】
主に前世紀のデータにより標準化されてきたβブロッカー汎用戦略だが、見直しを迫る研究も提出されて論争的となっている。流れを「ケースバイケース」に向ける重要なビッグデータ解析結果である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site