海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

植え込み型PAPセンサーは介入をどう変えたか
Interventions Linked to Decreased Heart Failure Hospitalizations During Ambulatory Pulmonary Artery Pressure Monitoring [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JACC Heart Failure
年月:May 2016
巻:4
開始ページ:333
【背景】
CHAMPIONは、植え込み型肺動脈圧(PAP)センサーの心不全(HF)入院率低下効果を示した。同試験のCostanzo(Advocate Heart Institute)らは、試験データ解析によりPAPモニタリングとHFへの介入度の関連を検討した。
【結論】
6ヶ月後、PAPアクティブモニタリング群はコントロール群と比較して利尿薬・血管拡張薬・神経ホルモン拮抗薬の投与量が有意に増加し、腎機能が保持されていた。
【評価】
植え込みセンサーの応用は様々な心機能指標に対して可能であり(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3739979/)、長期的生存率効果の確認が必要になってきた。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site