海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

GRACE、ACSと心原性ショックの最新動向を概観
Cardiogenic shock complicating acute coronary syndromes: Insights from the Global Registry of Acute Coronary Events [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:American Heart Journal
年月:June 2012
巻:163
開始ページ:963
【背景】
Global Registry of Acute Coronary Events(GRACE)は、30ヶ国10万例以上に関する急性冠症候群(ACS)データベースである。University of MassachusettsのAwadらは、ACSにおける心原性ショック(CS)の1999年から2007年までの動向を概観している。
【結論】
ACSにおけるCS発生率:4.6%;カテーテル検査率:57%;院内血行再建術施行率:47%であった。CS発生患者ではEBM準拠率が非発生例より低かった。CS例の院内hospital case-fatality rate (CFR)は59.4%であった(非発生例:2.3%)が、長期的には低落傾向がある。
【評価】
GRACE登録に基づくデータは規模と信頼度によって世界標準となっているが、日本の症例は含まれていない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site