海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

AF除細動後抗不整脈薬の短期使用は可能か
Short-term versus long-term antiarrhythmic drug treatment after cardioversion of atrial fibrillation (Flec-SL): a prospective, randomised, open-label, blinded endpoint assessment trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Lancet
年月:July 2012
巻:380
開始ページ:238
【背景】
電気的除細動後の心房細動(AF)再発防止のために薬物療法の継続が必要だが、長期使用が必要かどうかはかならずしも明らかでない。ドイツHospital of the University of MunsterのKirchhofら(Flec-SL研究)は、524名の患者を対象として、短期・長期投与の便益を比較するRCTを行った。
【結論】
短期治療は長期治療に比べて全体的有効性は劣るが、AF再発はほぼ抑制した。
【評価】
長期投与の方がよいが短期投与で十分な患者はかなり多い、という結論だが、選択基準は明確でない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site