海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

STEMI:PCI後でも心原性ショックは重要死因
Cardiogenic shock and heart failure post?percutaneous coronary intervention in ST-elevation myocardial infarction: Observations from “Assessment of Pexelizumab in Acute Myocardial Infarction” [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:American Heart Journal
年月:July 2011
巻:162
開始ページ:89
【背景】
ST上昇心筋梗塞(STEMI)後死亡率は、PCIによって減少した。英国Liverpool HospitalのFrenchら(APEX-AMI 試験の部分研究)は、5745名の患者データによって、心原性ショック(CS)・うっ血性心不全(CHF)アウトカムへの影響を解析した。
【結論】
CS後生存率は、積極的PCI後でもなお低い(90日死亡率:55%)。CS・CHFは、ともに一次PCIを受けたSTEMI患者における死亡の主要因である。
【評価】
これは一般的印象を確認する結果であり、CSを独立した重篤事象とみるべきことを示唆している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site