海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

不安障害で心筋梗塞リスクが上昇
Anxiety disorders increase risk for incident myocardial infarction in depressed and nondepressed Veterans Administration patients [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:American Heart Journal
年月:May 2010
巻:159
開始ページ:772
【背景】
心筋梗塞(MI)発症のストレス因性は認知されており、特に.うつは危険因子として確認されている。St. Louis VA Medical Center のScherrerらは、約96000名のうつ‐非うつ者コホートのデータを解析して、不安障害が危険因子であるかどうかを検討した。
【結論】
不安障害はMIの独立危険因子であった(ハザード比:1.34)。
【評価】
これは予想される結果だが、著者らはうつを併発すると不安障害のリスク性が下がる、としており興味深い。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site