FDAニュース : 医療機器情報

パーキンソン病・本態性振戦の症状軽減のためのインプラントBrio Neurostimulation Systemを承認
FDA approves brain implant to help reduce Parkinson's disease and essential tremor symptoms [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2015/6/12
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Medical Device-
製品名:Brio Neurostimulation System
企業名:St. Jude Medical in St. Paul, Minnesota
国内製品名:
国内一般名:未承認
国内企業名:
【要約】
FDAは、パーキンソン病・本態性振戦の症状改善に役立つインプラントBrio Neurostimulation Systemを承認した。
【詳細】
FDAは、パーキンソン病や本態性振戦などの震え等症状を軽減させる埋め込み型深部脳刺激装置Brio Neurostimulation Systemを承認した。一部の患者の歩行困難・平衡障害・振戦などの症状を適切に改善するのに役立つ。同デバイスは胸部皮下埋込み電気信号発生装置・脳内刺激電極・ワイヤーから構成される。その安全性・効果は薬物療法の効果が薄い136名のパーキンソン病患者・127名の本態性振戦患者に対する2つの臨床試験により評価された。重篤な有害事象には頭蓋内出血があり、感染症・リードのずれも報告されている。
関連するメディカルオンライン文献
  1. iPS細胞を用いたパーキンソン病治療
  2. 2. 進化するパーキンソン病の画像診断
  3. 不随意運動に対する脳深部刺激療法
  4. パーキンソン病基礎・臨床論文を読み解く 基礎
  5. パーキンソン病 〜 治療の要点 〜


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site