FDAニュース : 医薬品情報

EpiPenの誤動作に注意喚起
FDA alerts patients and health care professionals of EpiPen auto-injector errors related to device malfunctions and user administration [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2020/04/09
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Drug-
製品名:EpiPen 0.3mg, EpiPen Jr 0.15mg auto-injectors, the authorized generic versions
企業名:Pfizer, Mylan
国内製品名:
国内一般名:アドレナリン
国内企業名:マイランEPD合同会社
【要約】
FDAは、EpiPen 0.3mgとEpiPen Jr 0.15mgのオートインジェクターやそれらの承認済ジェネリックバージョンの動作遅延や動作不良について注意喚起する。
【詳細】
FDAは、EpiPen 0.3mgとEpiPen Jr 0.15mgのオートインジェクターやそれらの承認済ジェネリックバージョンで、注入遅延や動作不良が起こる可能性について、患者・介護者・医療従事者に注意喚起する。それら誤動作は、青い安全レバーの誤った解除やキャリア容器が変形してEpiPenの取り出しが困難になること等による。緊急時におけるEpiPenの正常動作のために、青い安全レバーの位置やキャリア容器の変形について事前のチェックが重要である。現時点でリコールにはなっていないが、製品に問題があれば、Mylanのカスタマーサービスに連絡すれば交換品を無償で入手できる。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 4. 学校・保育所におけるアナフィラキシー対応
  2. エピペン(R)注射液処方の課題
  3. アドレナリン自己注射薬の使用をためらう教育者には?
  4. 3. アドレナリン自己注射薬に関するトピックス
  5. 思春期の食物アレルギー児本人と保護者のアドレナリン自己注射製剤 (エピペン(R)) の取り扱い方の習熟度と使用すべき症状の認識調査


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site